Star Trek

 もうだいぶ前、十数年前になるが、日本では深夜Star TrekのTVドラマ板を観ることができた。眠い目をこすってよく観ていたが、ストーリーをよく覚えていないことも多かった。

 今回のStar Trek映画板はとにかく評判がいい。実際非常に面白かった。ストーリーも面白かったし、CG、アクションも良かった。あんまり有名な俳優はでていなかったが、若いときのスポックはまさにスポックだし、カーク船長、ドクターなんかはドラマを想い出させた。宇宙船からトランスポーテーションするシーンなんかもドラマを想い出させて良かった。

 この中で唯一有名な女優はWinona Ryderで、スポック(地球人とバルカン人のハーフ)の母親役をしていた。といっても登場シーンはあまりなく、すぐ死んでしまった。一緒に観に行った日本人はWinonaがでていたことにすら気付いていなかった。もっと驚いたのはEric Bana。悪役のNero役で、顔にペインティングしていて、Eric Banaだと全く気付かなかった。

 ストーリーは簡単にいえば、どのようにカーク船長とスポックが協力するようになり、船長が単なる若造から船長になり、Neroを倒すかということ。周りで見ていた人はみんな言っていたが、スポックと黒人船員のキスシーンなんかは意味不明 。次期作への布石か?

 監督のJ. J. AbramsはMission: Impossible IIIなんかの人らしい。あんま知らないけど。 あと1人、驚きの登場人物が隠されている。お勧め。

 

Dr. Robert

 

Time Out New York ------ *****(最高6)

Premier ---------------- ***1/2(最高4)