Manchester by the Sea

 

 

 多くの評論家が2016年のベストと言っていた映画。アカデミー賞には最優秀作品賞などにノミネートされたが、結局主演男優とオリジナル脚本の2部門受賞のみ。特に主演のCasey Affleck(ケイシー•アフレック)がセクハラで複数訴えられていたとあって注目されていた。プロデューサーの1人がMatt DamonでここでもBen Affleckの弟を主演に抜擢するという友情関係。

 Manchester by the Seaとは長い名前だがマサチューセッツ州の小さい都市の名前。漁師町。ニューハンプシャー州第1の都市がManchesterといい、区別するために、BY THE SEAを付けたのか。どっちもイングランドのManchesterからの移民が作った街なんだろう。街は暗く、港には漁船が沢山止まっている。何処かと私の地元に似ているかも。アメリカにはこんな小さくて、暗い街がたくさんある。

 主人公はCasey Affreck演じるLeeでBostonでJanitorとして働いている。日本ではなじみのない職業かもしれなく、便利屋として訳されているのも見たが、実際はアパートのビルで働いている人で、ビルの中や、個々のアパートで問題が起きた時に手伝ってくれる人。アパートの管理会社に雇われている。管理人ともちょっと違う。別名Super。そもそも日本のマンションやアパートは間違って訳されていて、その辺を説明するのには時間がかかる。

 英語の勉強はこの辺まで。主人公は仕事ではトラブルを起こすし、バーでは酔っぱらってほかの客と喧嘩。嫌な奴である。しかし彼には故郷のManchester by the Seaで悲しい過去があった。

 しかしある日、病院から連絡があって、兄のJeoがなくなったことを知らされる。そしてそのJoeの希望で、彼の子供Patrickの面倒を見ることになる。そして2人はManchester by the Seaで共同生活を始める。Patrickは今どきの子供という感じでGirl Friendは沢山いるし、わけわからないバンドをしている。彼の生活のシーンを見ていると"Boyhood"を思い出した。主人公は相変わらず嫌な奴。PatrickのGirlfirendのお母さんにも変な奴と嫌われてしまu。ちょっと意味深いのが、Patrickが相続した船。一緒に船に乗って子供が小さいころを思い出したりする。

 だがManchester by the Seaでの暮らしは主人公にとってそんなに良いものでは、昔の知り合いには嫌われるし、Lee自身も思い出したくない。また事件後別れてしまった元妻にも会ってしまう。Leeの暗い人生がハリウッド映画とは違った感じで衛府が枯れていて、そこが良い。むしろイギリス映画という感じ。Patrickも元嫁もハリウッド感無し。

 全体的に暗いし、景色もどんよりしている。最初フラッシュバックのシーンはよくわからなかった。しかし、後半どんどん映画に引き込まれていき、最後には本当に見てよかったと思った。お勧めの映画。傑作というよりは良い映画。The Guardianが"A Minor Masterpeice"と言っていたのが言い得て妙。

 監督はKenneth Lonergan(ケネス•ローガン)。"Gangs of New York"や"Analyze This"などの脚本をしていたらしい。彼の作品は初めて観た。また観たいと思う。

 私がNew Yorkに来たばかりの時ブロードウェイの"The Producer"に主演し、「フェリスは朝突然に」で有名になり、今はサラ•ジェシカ•パーカーのご主人としても有名なMatthew Broderick(マシュー•ブロデリック)がちょい役で出ていたのが笑えた。

 最初はMatt Damonが監督、主演の予定だった。もしそうだったらと思うと、興味深い。


 

Dr. Robert

 

Time Out New York ------ *****(最高5)

New York Daily News ---- *****(最高5)

New York Post ---------- ****(最高4)

The Guardian ----------- *****(最高5)

Premiere --------------- *****(最高5)

Rolling Stone ---------- ****(最高4)

 

 
 
 

、。