Into the Wild

 評論家による評判は良くない。しかし9月からアメリカでは珍しい位のLong Runである。 Alaskaの美しい自然と(1度は行ってみたい)、監督のSean Pennにひかれて観に行った。Sean Pennの映画は最初の"The Indian Runner"をビデオで観た以外は"The Crossing Guard"、"The Pledge"共に劇場に観に行っている。俳優としてのSean Pennは好きだけど、監督としては?この映画もまあまあ面白かったけど、人物関係があまり深くないのと、Editingでテクニックに走りすぎのような気がした。

 物語は良心との関係があまりうまくいってない主人公が大学を卒業後全財産を寄付し、アメリカ中を旅をする。そこで色んな人に出会い、交流をを深めていくのだが、限られた時間の中で色んな人と会うため、それぞれの出会いに時間がさけるわけもなく、それぞれの人との関係が深く感じられなかったような気がする。主人公が最後に出会った老人との出会いは良かったと思う。Catherine KeenerやCatherine Keener、父親役のWilliam Hurtといった有名俳優も出演しているが、何せちょっとしかでてこない。ロードムービーで、最後はアラスカで主人公が廃バスで一人で暮らすという状況を考えれば、自然が重要といえないこともない。確かに映像はきれいだった。でも最後に主人公が"Happiness is only real when shared"ということを考えても、重要なのは出会いなんだと思う。最近websiteで"Monster" のアニメを観ているが、メインストーリーとはちょっと外れていても、主人公の色んな場所での出会いは、物語のアクセントになっていると思う。私が作っている旅行の映像でも、出会いは重要だ。私の映像も観て下さい(http://www.doctorrobertphd.com/My_Films.html)。

 この映画は1990年代初めに実際にあった話を基にした小説が原作である。主人公はバスの中で死に、その2週間後にMooseのハンターに発見されたとなっていた。映画の最後に主人公の写真もでていた。哀しい話である。

 

Dr. Robert

 

Time Out New York ------ *(最高6)

Premier ---------------- *** (最高4)

Village Voice ---------- No Star (Not Recommended)

L Magazine ------------- 不明