Death at a Funeral

 "Star Wars"のYodaの声のFrank Oz監督によるコメディ。"The Score"と"In & Out"は観たことがある。"Death at a Funeral"は"In & Out" に近い。コメディだし、ゲイが重要なポイントだし。結構笑える映画だけど、イギリスが舞台とあって、英語が難しい。特にまあfuneralなんで、ぼそぼそささやいてばっかりだし。理解できなくて笑えないところもあった。でも全体的に、ストーリーも笑えるし、俳優も知らない人ばっかりだけど、良かった。知ってた俳優はTrainspottingの5人の1人、Ewan Bremner(しかし良く気付いた。)と小人のPeter Dinklage(websiteで調べたら誕生日が私と一緒) だけだった。

 冒頭はミスってしまったが、ストーリーを追うのに大きな問題はなかった。主人公の父親が死んで葬式をあげることになり、作家の弟がNew Yorkから帰ってきて、葬式が始まる(始まりそうになる)。色んな登場人物、話が絡み合うのだが、Howardをはじめとした脇役が面白かった。Peter Dinklageが父親との関係をネタに兄弟を脅す話や、いとこのMarthaの婚約者Simonは面白かった。特に私が気に入ったのはHoward役のAndy Nymanでした。

 

 因に母親役のJane AsherはPaul McCartneyの元恋人(The Beatleの初期)だったと思う。

Dr. Robert

 

Time Out New York ------ ***(最高6)

Premier ---------------- 2 1/2 (最高4)

Village Voice ---------- No Star (Not Recommended)

The L Magazine --------- 不明