Brooklyn

 

 

 Brooklyn。New Yorkに住んでいる私にとってはなじみ深い名前である。私はManhattanに住んでいるので、しょっちゅう行くわけではないが。

 批評家にもユーザーにも評判が良く、特にTime Out New YorkのBest Movie in 2015の1位に選ばれた。気になったので観に行ってみた。

 しかしアイルランド移民の話で、配給はアイルランド、イギリス、カナダの3カ国。この辺が面白い。あえてアメリカが入っていない。Brooklynだけど、Spike LeeなどのBrooklynとは違う。

 ストーリーは1950年代。アイルランド人のアメリカへの移民の。話。主人公のEilis Laceyはアイルランドに住んでいる。映画の冒頭でいきなりスポンサーが見つかって、New YorkのBrooklyn(ブルックリン)に行くことになる。Brooklynに着くとMiss Kellyというオバさんのの家に居候し、Brooklynのデパートで働くことになる。住まいは現在のルームメイトの形ではなく、1人の大家のアパートに女の子が居候する形。日本で言う下宿みたいなもの。食事つき。居候はEilesを含め5人。Miss Kellyを含めみんなアイルランド系。6人での食事のシーンが面白い。同居人もちょい役だがいい。

 ある日デパートの彼女を助けてくれている司祭に言われ、夜間の大学に通うようになる。今でもアメリカでは働きながら大学に通う人は多い。他にも働いてお金をためてから、大学行くとか。大学に行くチャンスを多くくれる国である。この国ではいろんな人が大学に行きたがる。日本ではアメリカを実力主義で学歴社会ではないというが、それはうそ。職業につくのにその関連の学歴がないと問題外に無理菜事が多い。Ivey Leagueクラスの大学でないとダメなんてのも多いし、修士号がないとダメなんてのも良く聞く。ある意味日本より厳しい。しかも必要なキャリアがいろんな分野に分かれている。違うところは一度働いたあとでも大学、大学院に行きやすいということ。この意味では窓は開かれている。

 その後Eilisは新しいルームメートと一緒にアイルランド人のダンスパーティーに行く。そこにいたTonyと仲良くなり、付き合いだす。Tonyはアイルランド人ではないが、アイルランド女性が好きだという。Tonyの家に招待されたときのくだりは面白い。スパゲッティの食べ方を習ウシーンや、Tonyの弟。正直で面白い。色々なところに軽い笑いがちりばめられている。TonyがYankeesでなく、Dodgersが好きというのも良い。当時DodgersはLAではなくBrooklynにあり、ブルーカラーに空かれていた。

 ある日アイルランドから電話があり、姉のRoseが突然死したことを知らされる。一方TonyはEilisと彼女がアイルランドに戻る前に結婚したいという。

 アイルランドに戻ったEilisは当初結婚したことを隠している。Eilisの親友Nancyが結婚式を挙げると知らされる。そのカップルとEilis、Peterを含めた4人でダブルデートを重ねる。アイルランドとブルックリンの間でEilisの心は揺れ動く。この辺は私にも共通する気持ち。私もニューヨークに来て15年以上。来年3月には市民権の申請も可能となる。やはり日本のほうが過ごしやすいし、心は今でも日本。でもいつもNew Yorkには"帰ってくる"。アメリカに来る飛行機の中で"The Kinks"の"Muswell Hillbillies "を聞いたのを思い出す。

 男女の違いはあるが"Boyhood"に似ているという評論かもいる。とも言えるが"Boyhood"は長いし、もっと淡々としている。こっちはもっと微笑ましい。知っている俳優はいない。主演の"Saoirse Ronan"は奇麗なわけではないが、好印象を持てる女優。"The Grand Budapest Hotel"に出ていたらしいが、良く覚えていない。彼女はGolden Globeをはじめ色々な主演女優賞にノミネートされている。

 監督はJohn Crowley。良く知らない。彼の過去の作品も全く知らないが、これからに期待。

 Tonyが行った "Home is home".という言葉。Eilis と船で話す女性が「Brooklynに沢山のアイルランドがいて"Brooklyn is like home"というのが特に印象に残った。

 最後は一寸泣けた。傑作というよりは良い映画。




 

Dr. Robert

 

Time Out New York ------ *****(最高5)

New York Daily News ---- ****(最高5)

New York Post ---------- ***(最高4)

The Guardian ----------- ****(最高5)

Premiere --------------- ***(最高4)

Rolling Stone ---------- ***1/2(最高4)

 

 
 
 

、。