Broken Ambraces

 スペイン人の巨匠Pedro Almodovarの最新作。以外とありがちかと思わせるストーリーにいろいろなエッセンスを加え、結構面白い映画になっている。ただしラストは嫌い。何で???って感じ。一緒に行ったアメリカ人が「どうだった?」と訊いてきた時に。「結構好き。」と言ったら変な顔をされた。そこで「でもラストが嫌い。何でああしたのかよくわからない。」 と言ったら、納得してもらえた。彼女はあんまり好きではなかったようだ。

 主人公は盲目の元映画監督で、現在は脚本家。名前はHarry Caineという冗談みたいな名前で、スペイン人なのに英語名を使っている。理由は後でわかるが。そこに若い自称映画監督(こいつの名前がRay Xというのも笑える)が現れ、一緒に映画を取りたいと言ってくる。そこで過去にフラッシュバックする。Harry Caineの不倫の話(相手はPenelope Cruze)と悲劇。結構単純な話だが、登場人物の絡み等は面白い。予想道理だが、女マネージャーと昔つきあっていて、Harry Caineの仕事を手伝っている女マネージャーの子供が、実はHarry Caineの子供、なんていうのはばればれ。でもなんか面白い。

 そして問題のラストだが、本当になぜ?

 Pedro Almodovarの作品は最近の"Volver"、"Bad Education"、"Talk to Her"、"All about My Mother"、"Live Flesh"、"Kika"とかなりみているが、好きなのは"All about My Mother"、"Live Flesh"の方が好きで、 "Volver"、"Bad Education"なんかでは、やや物足りなさを感じてしまう。英語字幕でみているのも関係があるのか?

 

Dr. Robert

 

Time Out New York ------ ***(最高5)

Premier ---------------- Unknown(最高4)

Rolling Stone ---------- ***1/2(最高4)