Angels & Demons

 "The Da Vinci Code"の続編。でも主人公がTom Hunksという以外はあまり関係なく観れる。そしてむしろ"The Da Vinci Code" よりも面白い。展開が早くて、訛りのある英語を追うのは結構つらかったが、これも"The Da Vinci Code"よりはましだった。

 相手役の女性(Ayelet Zurer)はサイエンティストだが、なぜサイエンティストであるかは最初は微妙。でも最後に納得した。Tom Hunksはいつも微妙な役が多い。良い俳優なんだか、そうでもないんだかわかりにくい。'Forrest Gump"、"Big"なんかは大好きだが。Ewan McGregorはもちろん"Trainsppoting"以来のお気に入りだが、だいぶ落ち着いた演技をするようになった。まあPriestという役柄もあるんだろうが。他にも"Good Will Hunting"、"Breaking the Waves"のStellan Skarsga°rdや"Music Box"、"Kafka"のArmin Mueller-Stahlあたりが脇を固めている辺りが良い。 

 ストーリーは今回もハーバード大学教授のRobert Langdon(Tom Hunks)がテロ事件を解決する。もちろん女性も出てくる。舞台はバチカン&ローマ。結構前になるが、ローマ法王を決めるコンクラーベが日本でも話題になったが、これが重要。4人の司祭が誘拐され、殺されていく。そして最後にはバチカンを爆破しようとする計画。それを阻止しようとLangdon教授が頑張るというのは"The Da Vinci Code" と同じ。最後がどんでん返しというのも"The Da Vinci Code" と同じだが、"The Da Vinci Code"よりも良かった。

 監督は今や重鎮となったRon Howard。"Cinderella Man"、"A Beautiful Mind"等で非常に有名な監督であるが、個人的にはあまり好きではない。ベタと言うか、ひねりがないと言うか。まあ今回は良しという感じか。

 今回はイタリア人2人、日本人2人で観に行った。舞台がローマ&バチカンということで、イタリア人は色んなことを言っていたが、特に面白かったのは、登場人物がしゃべっていたイタリア語が1人を除いて理解できなかったということ。まあハリウッドでの日本人の扱われ方(中国人がやってたりする) を考えても、こんなもんか。

 

PS: イタリア人の仲のいい友達が言っていたが、私も何度か遊んだイタリア人で、2、3年前に西海岸に移ってしまったヤツが、"Angels & Demons"に出ていると言う。あまり大きい役ではないが、ちゃんと名前がクレジットされていた。 名前はEmanuele Secci。

 

Dr. Robert

 

Time Out New York ------ ***(最高6)

Premier ---------------- **1/2(最高4)