21 Club

 

 

 アメリカントラディショナルのレストランとして禁酒法時代にオープンし、現在の位置に映ったのは1929年。Guset of a GuestなどのHistoric NYC Restaurantsなんかにも選ばれている。他にはPeter LugerGrand Central Oyster Barなど。

 Restrant Weekに友人に誘われて行ってみた。

 

 入り口も雰囲気があって綺麗。

 

 内装はオシャレというよりも、変わった雰囲気で良い。いろいろなものが飾ってある。観る価値あり。

 

 パンはNew Yorkらしく、固めでコシがあるやつ。結構美味しい。

 

 ‘21’ Caesar Salad -romaine, aged parmesan, garlic croutons-(シーザーサラダ)。普通。いたって普通。 

 

 Cod Fish(鱈) 。まずまずだけど量が少ない。

 

 Iron Steak(ステーキ)。食べかけですみません。普通。

 

 Panna Cotta(パンナコッタ)。本日これが1番美味しかった。

 

 Check Presenter。このような小物も良い。

 正直思ったほどではなかった。Restaurant Weekのせいか量も少なかった。雰囲気は気に入ったので、今度は飲みに行きたい。

 

 websiteはこちら

 

Dr. Robert